武器になる情報分析力(12)

□はじめに

前回の謎かけは「1973年のオイルショックではなぜトイレットペーパーが不足したか?」です。

「トイレットペーパーは石油から作られる。第四次中東戦争で中東の石油生産量が低下→石油の輸出価格が高騰→日本の石油の輸入価格が上昇→トイレットペーパーの値段が上昇→トイレットペーパーが不足」

このような論理的思考力を働かせた方はいましたか?でも実は、トイレットペーパーが不足したのは、デマ(誤情報)が大きく影響したのです。

当時、さまざまな製品の主原料となる石油の値上げが、物価の上昇を引き起こすのではないかという人々の不安感が高まっていました。そこに、1973年10月に日本政府が「紙資源節約の呼びかけ」を行なったために、「紙がなくなる」というデマが口コミで流れたのです。そして1カ月後の11月、大阪で、チラシに煽られた主婦が特売に殺到してトイレットペーパーが瞬く間に売り切れるという出来事がおこりました。その情報を聞いた新聞社が「あっという間に値段は2倍」という記事を出しました。このために騒動が大きくなり、全国各地でトイレットペーパー買い占め騒動が起きてしまったのです。

しかし、騒動が起きた当時はトイレットペーパーの品不足は実際にはありませんでした。要するに、マスコミや口コミに踊らされただけでした。今日もマスコミや口コミでたくさんのデマが流されています。注意が必要です。

今回の謎かけは「マシュマロ実験」に関するものです。「マシュマロ実験という社会心理学の研究では、マシュマロを食べるのを長時間我慢できた4歳児は、成長してからの成績が良かった。それはどうしてか?」

さて前回は、ミッドウェー海戦を事例に取り上げ、南雲忠一第一航空艦隊司令長官が山本五十六連合艦隊司令長官の意図(構想)を理解しなかったために、南雲は自らの目的を確立できずに、そこから達成すべき目標にブレークダウンできなかった。これがミドゥエー海戦の〝失敗の本質〟であることを述べました。

今回は、もう少し目的や目標について考察したいと考えます。

▼上級指揮官の意図が目的になる

状況判断の第一アプローチである任務分析における任務の付与は通常、上級指揮官から「達成すべき目標」とその「目的」をもって示されます。

指揮官は任務の分析にあたって、上級指揮官の意図(構想)をよく理解しなければなりません。与えられた任務が、上級指揮官の意図の中で占める地位と役割を明確にして「具体的に達成すべき目標」とその「目的」を明らかにします。

目的とは「上級指揮官の判決において示される意図」(菊池宏『戦略基礎計画』)です。また意図は、一般的には上級指揮官が目標を達成するために選定した手段となります。つまり、上級指揮官が選定した「具体的に達成すべき目標」を部下の指揮官に示すことが意図の伝達になります。

指揮官は上級指揮官の「具体的に達成すべき目標」を確認することにより、自らの任務上の「目的」を明らかにします。その上で上級指揮官から付与された「達成すべき目標」をブレークダウンして、自らの「具体的に達成すべき目標」を明らかにすることになります。

こうして上級指揮官が指揮官に与えた任務の具体化が図れるわけです。

▼社長の意図は部長の目的

上述のことを、会社での社長-部長-課長の指揮系統で解説しましょう。社長には会社の利益やブランド力を向上させる「大目的」があります。そこで社長は「競合他社との販売競争に勝利して利益を拡大する」ことを基本目標とします。これが会社全体から見た場合の社長の「大目標」となります。

社長は状況判断を行ない、いくつかの戦略構想の中から「設備投資に踏み切る」ことを「具体的に達成すべき目標」に選定します。つまり、社長は判決によって「大目標」に対する「大手段」を選定しました。この「大手段」が社長の判決によって示される部長に対する「意図」になります。

社長は複数の部長を呼び、「設備投資に踏み切る」という「意図」を示し、各部長には意図を達成するために振り分けたそれぞれの「達成すべき目標=中間目標」を伝えます。

たとえば、総務部長には「土地と建物の取得、経費の捻出、人員雇用対策」を、生産管理部長には「生産機械の購入と設置」を、営業部長には「新製品の販売計画の作成」を命じます。

「設備投資に踏み切る」という社長の「意図」は生産管理部長にとっての「目的」になります。生産管理部長は「設備投資に踏み切るために(目的)、『生産機械の購入と設置』(中間目標)を実現する」ことを認識します。これが与えられた任務の中で自らが「達成すべき目標=中間目標」を確認する行為になります。

次に生産管理部長は「社長の意図=自らの目的」および「社長から分与された目標=中間目標」、すなわち「生産機械の購入と設置」を踏まえ、任務分析します。そして「中間目標」をブレークダウン(具体化、細分化、特殊化)して「いつまでに、最低これくらいの資金を調達して、このような機械を〇〇台購入する」といった「具体的に達成すべき目標」を定めます。これが生産管理部長の「中間目標」に対する「中間手段」、すなわち生産管理部長が部下である課長に示す意図になります。

生産管理部長は各課長を集めて自らの意図、つまり「具体的に達成すべき目標」を意図として伝えます。同時に各課長に対し、担当すべき業務(任務)と業務目標(末端目標)を分与します。たとえば情報システム課長に「工場内の生産機械の情報システムの設計を〇〇までに行なえ」といった「目標=末端目標」を分与します。

情報システム課長は課に戻り、部長の意図と自分に与えられた末端目標を持ち帰り、それを最適に実施するための最適な手段である「具体的に達成すべき目標」を立てます。これが「末端目標」に対する「末端手段」です。

「末端手段」は課長が部下に与える意図になります。課長は自らの意図を課員に伝え、課員を督励して自らの目標を達成するために課の努力を集中します。

▼目標の分与によって意図が連結される

少し説明が冗長になりましたが、要するに社長の意図が部長の目的、部長の意図が課長の目的となり、課長の意図は課員の目的となるということです。そして、上司から与えられた「達成すべき目標」を任務分析により「具体的に達成すべく目標」にブレークダウンします。それを自らの意図とし、合わせて部下指揮官にそれぞれの「達成すべき目標」の分与を行ないます。この目標の分与によって、各レベル(社長、部長、課長)の意図が連結されることになります。すなわち、社長の意図が組織的、合理的、段階的に最下層に透徹することになります。

▼目標は整合性が図られるべき

目標は個別分断的に存在するのではなく、その先のもっと大きな目標があり、目標の下には具体化された目標があります。これを最終目標から逆行的に考えると、そこには連鎖があります。この連鎖には「時系列的連鎖」と「階層的連鎖」があります。前者は、「一流企業への入社←一流大学の入学←一流高校の入学」という形態となります。後者は、「会社の利益←営業本部の利益←営業課の利益←社員の営業成績」という形態となります。

最も重要なことは上位目標と下位目標には整合性が確保されているということです。言い換えれば、任務分析とは上位目標から整合性のある下位目標を導き出すことです。

▼上位目標との整合性を図る

整合性は厳密には2つあります。第1は上位目標との整合性です。たとえば、生産管理部長が「生産機械の購入と設置」という目標=中間目標を社長から分与された場合、この目標は、その先にある社長が設定した「具体期に達成すべき目標=大手段=意図」である「設備投資に踏み切る」という上位の目標に合理的につながっているかを確認します。

この際、整合性が担保されていなければ社長に意見具申することが必要です。命じられた目標を単にこなすだけでは、社長の意図を体(たい)することにならず、指揮の統一が図れないのです。

前出のミッドウェー作戦では、南雲は、山本から与えられた「ミッドウェー島を攻撃する」という目標が、「空母を誘い出す」という山本の上位目標(南雲にとっては目的)に対して整合性がとれているかを確認する必要がありました。この確認を行なうことで、自分の目標がどのように直属上官の意図の達成につながるかを理解できるのです。

▼下位目標との整合性を図る

第2は下位目標との整合性です。リーダーは上司から与えられた目標に基づいて、この目標を達成するために「具体的に達成すべき目標」を明確にします。

たとえば、生産管理部長は社長から与えられた「生産機の購入と設置する」目標から「具体的に達成すべき目標」を「生産機を○○台購入するため、資金〇〇円を△△までに確保する」とした場合、この両者に整合性があるかどうかを確認します。

こうして指揮系統におけるあらゆる目標間に整合性が確保されることを確認します。目標の整合性を確保されているか否かを判断することは、状況判断あるいは任務分析において非常に重要なことなのです。

(つづく)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA