武器になる「状況判断力」(13)

状況の特質を把握する

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□はじめに

 前回の謎かけは「マシュマロ実験」に関するもので、「この研究では、マシュマロを食べるのを長時間我慢できた4歳児は、成長してからの成績が良かった。それはどうしてか?」でした。

この答えは、「自制心の強い子供は、学業成績も高くなるから」ではありません。この2つには「因果関係」はありません。我々は、相関関係を無理繰り因果関係で処理しようとしますが、これは誤解を生じさせます。

この実験を慎重に行なっていくうちに、両方(マシュマロを食べる、のちに成績が良くなる)に関係する要因が1つ特定されました。それは親の社会的地位でした。裕福な家庭の家の子供はマシュマロを食べるのを我慢した。おそらく心身ともに安定し、大人を信頼し、あまり執着が強くなかったのでしょう。

思春期の成績の良さも、親の豊かさが主要な原因となります。つまり、自尊心の強さと成績の良さに因果関係はなく、親が裕福だという別の原因が存在します。(カール・T・ハーグストローム『デタラメ』)

なお、「クーラーの売り上げ上昇」と「アイスクリームの売り上げ上昇」は相関関係にありますが、因果関係ではありません。別の要因、つまり「暑さ、気温の上昇」があります。このように、2つの事象に因果関係がないのに、見えない要因(潜伏変数)によって因果関係があるかのように推測される関係を「疑似相関」と言います。疑似相関に惑わされてはなりません(詳細は拙著『武器になる情報分析力』)

次回の謎解きは最近の巷の話題(某週刊誌に掲載)から出します。「ここ最近、松屋は値上げ、吉野家は減収、すき家が一人勝ち。その理由は?」です。

さて、前回までは任務分析での「目的と目標」について述べましたが、状況判断では目的と目標の明確化が全アプローチの7割の重要度を占めると言っても過言ではありません。なお情報分析では、「問いの設定」が7割の重要度を占めます(『武器になる情報分析力』)。いずれにせよ、最初の方向性を定める、最初の方向性を見誤らないことが肝心です。

今回から、第二アプローチの「状況及び行動方針」に移ります。

▼状況とは地域、我、敵の3つ

軍隊式「状況判断」の第二アプローチは「状況及び行動方針」です。この過程では、地域の特性、我が状況、敵の状況を把握して、彼我の相対戦闘力を算定し、 敵の可能行動(EC)と我が行動方針(OC)を列挙します。

 

任務分析のアプローチが終われば、次は任務に影響する現状を知ることになります。

 現状を知ることは、「現状分析」あるいは「環境調査(認識)」などと呼ばれています。上述のとおり、状況には「地域」と「我」と「敵」の3つがあり、現状分析とは、これら3つの特質を炙(あぶ)り出すことであると言えます。

ただし、状況は任務の種類や大小などに応じて、考察すべき状況の要素が若干違ってきます。たとえば、国家戦略レベルでは、「戦略環境」、「我が国」、「相手国」となり、ビジネスでは「経営環境」、「自社」、「競業他社」などになるでしょう。

▼まずは「敵」を知れ

今しばらく『孫子』を引用して解説しましょう。『孫子』では、「彼(敵)を知り、己を知れば百戦危うからず。」(謀攻編)、「彼を知りて己を知らば、勝ち乃ち殆うかず」(地形編)とあります。

国家安全保障では敵対関係が存在し、ビジネスの世界では熾烈な競争原理が働いています。だから、我にとって敵国や競合他社に対して勝利することが自己繁栄の道であり、そのために相手の戦略や戦術を知ることが基本になります。

敵を知ることや、敵を意識することは現状分析や環境調査の第一の基本です。そのことが我を知ることにもつながります。国際政治学者の中西輝政・京都大学名誉教授は「敵を知ることは、そのまま自分を知ることにつながります。敵をはっきり意識することで、自分の弱さや欠けていること、強い部分や優れていることもはっきりしてきます。」(中西『本質を見抜く「考え方」』)などと述べています。つまり、日本あるいは日本人は「敵」または「他者」を意識することがもっともっと重要であるとの論旨を展開しています。中西教授が強調している「敵を知ることにより自分を知ることができる」は個人や企業においても通用する原理・原則と言えるでしょう。

▼そして我を知る

『孫子』では「敵を知り、己を知らば百戦危うからずや」の後ろに、「彼を知らずして己を知れば、一勝一負す」(謀攻編)と述べています。つまり、自分を知ることで、最低でも引き分けに持ち込めると言っています。

しかしながら、自分のことはいつでも知ることができると錯覚されているためか、このことは軽視されやすい傾向にあります。しかし、実際には自分のことは過大評価したり、過小評価したりで、正確な自己評価は容易ではありません。

先の太平洋戦争では、相手国である米国のことも知らなかったが、それ以上に我の補給・継戦能力、陸軍・海軍双方の戦略・思考などを知らず、「彼を知らず、己を知らざれば、戦う毎に必ず敗れる」(謀攻編)の状況にあった、との戦後なっての反省がなされています。

▼近年は我を知ることの重要性が増大

2001年の9月11日の同時多発テロ以降、国際テロ組織が主たる脅威の対象となりました。テロ組織は何を考えているのか、どのような能力があるのかは不明です。

それがため、米国の安全保障ではで「敵を知る」ことから、「己を知る」とくに「己の弱点を知らなければならない」という流れに変化し、この考え方が派生して、米国では「己の弱点を知る」ためのビジネス・インテリジェンスが活性化したとされます。

不透明な社会において、自分の力量を知ることはさまざまな分野において重要となっています。それが最低限負けない道を確保することです。自分を客観的に評価することは、正しい状況判断の鉄則とも言えましょう。

▼ほぼ全編で地形・気象の重要性を説く

『孫子』でほぼ全編にわたって地形・気象の重要性が説かれています。「兵(戦争の意)は国の大事なり。死生の地、存亡の道、察せざるべからず。故に、経(道筋をつけるの意)するに五事をもって計(はか)る。」(始計編)とあります。

五事とは「道」「天」「地」「将」「法」のことですが(※)、その中の「天」が明暗、天候、季節などの気象または時機(タイミング)を、「地」が地形を指します。要するに、戦争は国の重要事項であるので、時機をよくよく考慮し、地形を活用して有利に戦いなさいと言っているのです。

また、「彼を知りて己を知らば、勝ち乃ち殆うかず。地を知り、天を知れば、勝すなわち窮(きわま)らず」(地形編)とあります。これは、まずは我と敵を知り、戦勝の法則を確立したうえで、敵と我を地形の上に乗せてその利・不利を考察せよという意味です。

軍隊式「状況判断」では、地形と気象の特性を合わせて「地域の特性」と呼んでいますが、これは作戦環境という言葉に集約できます。作戦・戦術レベルでは作戦環境が戦いの趨勢に大きく影響します。つまり、緊要地形を制するものが戦いの主導権を握ることが多々あります。

▼国家戦略レベルでは考察すべき対象は広範多岐

他方、国家戦略レベルでは、作戦環境に相当するものが戦略環境です。また、国家戦略レベルでは「状況」(「地域」、「我」、「敵」)のことを一般的に「情勢」と呼びます。

国家戦略レベルでは、様々な環境要因が戦争や戦略の趨勢に影響を及ぼします。だから、「天」と「地」を知るということは「国家の生存繁栄のために、取り巻く戦略環境を幅広く把握せよ」という意味に解釈すべきでしょう。

「天」とは流動的かつ時間的なものであり、国家戦略レベルでは国内外情勢の趨勢に相当します。それには、現在の政治・経済・社会・外交・軍事の情勢などに加えて、安全保障問題を取り巻く歴史的背景、過去に発生した戦争・紛争の原因および結果などが含まれます。

他方、「地」とは固定的かつ空間的であり、地理的環境に該当します。国際情勢を見る上で「地理的環境」に重きを置くのが地政学です。これは「人間集団としての国家の意図は地理的条件を活動の基盤としている」という点を論拠としています。つまり、地理的条件が民族の特性を形成し、国家の活動基盤になると考え方です。

地政学は歴史学と相まって国際情勢などを考察する上で現在も用いられています。地政学をタイトルとする著作は数多くあるし、実際、紛争多くは地域的に偏在する資源、資源の輸送ルート、集中する市場などをめぐる角逐(かくちく)です。また宗教および民族の分布と恣意的な国境線の不適合が多くの紛争を生起させています。

近年は、地政学リスクに加え得て地経学リスクを考慮する必要性が強調されるようになりました。これは、経済的依存度が政治・外交・安全保障上の政策に及ぼす影響と、逆に政治・外交・安全保障の影響が経済性政策や経済活動に及ぼす影響を考察せよというものです。

国家戦略レベルでは地理と歴史のような不変的な要素、さらには民族と宗教のような変えにくい要素が、国家の戦略や外交にどのような影響を及ぼし、それが国家間にいかなる摩擦をもたらすかを考察する必要があります。このため、考察すべき対象や範囲は広範多岐に及ぶことを認識し、知識(インテリジェンス)の蓄積に努力する必要があります。

(※)「道」は国家あるいは君主が、民意を統一して戦争に向かわせる基本方針であり、国家戦略という見方もできる。「将」は、国家指導者や作戦指揮、「法」(組織、制度、指揮法)などと解釈できる。

(つづく)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA