武器になる状況判断力(10)

-任務分析は状況判断の基礎 -

□はじめに

前回の謎かけは、「大阪ではエスカレーターの右側に立ち、東京では同左側に立つのは、なぜか?」です。大阪の方には当たり前かもしれませんが、広島出身(1960年)の私は東京方式の左立ちに慣れていたので、今から10年前に大阪に行った時に、友人に注意され、少々まごつきました。

そこで、その理由を改めて調べると「1967年に阪急梅田でエスカレーターが設置されたとき、右手で手すりを持つ人が多かったので混雑し、『お歩きになる方のために左側をお空け下さい』とアナエンスした。それが1970年の大阪万博の時の海外の観光客を意識して、当時、『国際標準』の右立ちルールが定着した」などとあります。

私の〝謎(why)〟はここからです。では、「東京人も右利きなのに、なぜ東京では右立ちではないの?」、「そもそも、右利きは荷物を右で持つのだから、左手で手すりを持った方が自然ではないの?」、「国際標準とはいったい何?」「車両の右ハンドル、追い越し車線は右側が定着している日本では歩く際にも右側追い越しが自然では」……その他、疑問が出てきます。

3年前に台湾に行きました。大阪と同じようにエスカレーターが右立ちであったので、台湾も大阪と同じかと思うと同時に、私は「台湾の車両は右側通行だな」(実際そう)と咄嗟に考えました。

今では車両の「国際標準」は右側通行ですが、これは米国製の左ハンドル車の世界的な増加と輸出が影響したようです。そのため、安全性に配慮して(ドライバーが中央で進行方向が見やすい)車両の右側通行が国際標準になりました。左ハンドル車の増産は、右利きの人がブレーキハンドルを引きやすかった(当時は米国車のブレーキはハンドルであった)からといいます。つまり人間の特性に基づき利便性と安全性が配慮されました。

物事は「なぜか、なぜか」を問い詰めると、より論理的な回答を得ることができます。しかし、いくら論理的思考を働かせても解けない疑問もあるという点です。私は、膝の破れたジーパンの価値に合理性を見出すことはできませんが、大阪のエスカレーター右立ちも合理性の観点からは説明しにくいのでは。

迷信、言い伝え、風土、慣習、過去の偶然の所作が現在の事象に影響している場合が多々あります。国際政治も同様です。「なぜ、米国はイラク攻撃をしたのか?」。それを「なぜなぜ」で追求すれば、ひょっとすれば、そこに表面では目に見えない、たとえば米国のディープステートの真実の意図が隠されているかもしれません。逆に、この攻撃は単なる施政者の〝復讐〟〝気まぐれ〟〝人気取り〟〝勘違い〟などであったのかもしれません(喩えばの話)。

要するに、物事はすべて合理で動くわけではないし、そこに必ずしも因果関係があるわけでもないのです。頑迷固陋に〝因果関係論〟に立って、点(事象)と点を無理繰りに結びつけて物事を判断とようとすれば誤ることがあります。

ところで、最近は「エスカレーターでは歩かないでください」というアナウンスがされるようになりました。しかし、依然として東京などでは左立ちであり、右側は開放され、皆さんはどんどんと右側を歩いて追い抜いていきます。

緊急の人は階段を歩けばよいし、体のご不自由な人はエレベーターを利用していただき、その他の人は左右のエスカレーターに並んで乗ればと思うのですが。ただし、歩いてはならないのだからといって、エスカレーターの右側に立つ〝勇気〟は私にはありません。

少々、解説が長くなりましたので、次回は簡単な謎かけにしましょう。「マンホールの蓋は、なぜ丸いか?」です。これは、「マイクロソフト社」の入社試験にもなったという非常に有名な問いです。

さて、これからしばらくは米軍式「状況判断」の思考手順に基づいて論旨を展開します。今回は、軍隊式「状況判断」の第1条、任務分析について解説します。

▼任務分析とは何か?

最初のステップは、任務(mission)、すなわち任務分析です。任務分析は軍隊式「状況判断」の基礎というべきものです。

任務分析とは、指揮官が自らの地位と役割を考察し、「達成すべき目標とその目的を明らかにする」ことです。

もう少しかみ砕いて解説しましょう。筆者が若手自

衛官時代に学んだ戦術教育では、教育開始に先駆けて事前課題が出されました。それは、ほぼ決まって「諸君は〇〇地域の△△を命じられた指揮官である。

指揮官としての任務分析は?」というものでした。つまり、事前に配布された仮想の状況想定(例:作戦地域の概況、敵の進出状況、我が軍の準備状況など)を読み、自らの地位と役割(例:師団の先遣連隊として、当面の敵を撃破して主力の進出を容易にする)を認識した上で、上級部隊指揮官から与えられた任務に基づき、「具体的に達成すべき目標が何か?」を案出します。

たとえば「〇月△日まで、××丘陵のA高地を死守して、主力の□□平地への進出を掩護する」などのことを明らかにします。つまり、任務分析では、自分(あるいは所属組織)が組織の中でどのような地位にあって、組織目標のどの部分を達成すべきであって、そのためには具体的に何をなすべきかを明確にする思考過程です。言い換えれば、自分が設定した具体的な目標を達成しなければ、組織目標の達成はできないことを深刻に認識させる思考過程といえるかもしれません。

▼任務分析は自衛隊の優れたノウハウ

他方、〝転勤族〟である自衛官はさまざまな職場を転々として、それに付随する職務につきます。新たな職場でまずやることが「職務分析」です。任務分析と職務分析の意味合いはやや異なりますが、自分の地位と役割を考察して、具体的に達成すべき目標を明らかにするという点はまったく同じです。

大規模な軍事組織である自衛隊は高度な組織性が求められます。それゆえに、個人の努力を散逸させずに、全体目標に集中発揮する試みが重視されており、それが任務分析や職務分析であるといえます。

筆者は、自衛隊の人材教育が民間に比して優れているなどと申し上げるつもりはありません。大規模な国家組織であるが、鈍重性ゆえに、人材教育は形式主義に陥り、時代ニーズに柔軟に対応できないなど、多くの非効率性が存在します。しかしながら、任務分析と職務分析を重視する点は、「組織で仕事する」がモットーの自衛隊の優れたノウハウであると考えます。

▼地位、役割の考察とは何か

任務分析は、前述のとおり、「指揮官が自らの地位と役割を考察し、達成すべき目標とその目的を明らかにすること」ですが、地位と役割の考察について解説を加えておきます。

小難しい説明はさておき、戦前の総力戦研究所の所長などを歴任した飯村穣中将(※)の次の言を引用しましょう。

「私が兵術研究の道程として選定し、深く掘り下げたものは、通俗的な次の言葉である。一、私は誰でしょう。二、ここはどこでしょう。三、誰が、何が、私をこうした、こうさせたか。(以下略)」(上法快男『現代の防衛と政略』)

筆者は、ここには任務分析の本質が述べられていると考えます。軍隊、企業に限らず、およそ、その組織に所属する個人は、まず自分がどこに所属して、どのような仕事を任せられているのかを認識する必要があります。次に、視野をやや広くして、組織がどこに向かっているのかを認識する必要があります。すなわち、組織の目的やビジョンを理解しなければなりません。さらに関係者の要求(誰)および仕事上のニーズ(何)に対し、自分が行なっていることは整合しているかを考えなければなりません。要するに、「自分の周囲にいる誰が私に何を求めているのか?」、「私がやろうとしていることが誰のためになり、それが組織全体のいかなる目標につながっているか?」、

「どの仕事が緊急かつ重要であるか?」などを考える必要があります。つまり、周囲をよく見渡して連携をはかり、周囲とともに上司の意図を体するという意識を持つことが重要です。

自分の任務と役割を認識することで、周囲の雰囲気に流されない、ブレない信念が確立されます。その信念あるいは自己の価値観を軸にすることで、「自分が組織に対し、いかに貢献できるか、貢献するために達成すべき具体的な目標は何か?」を明確にすることができると考えます。

(※)飯村譲中将は総力戦研究所において、研究生とともに「総力戦机上演習」という、日米開戦となった場合の状況シミュレーションを行ない、日本の敗北という結論を出した。この演習では、船舶の喪失が生産量を上回り、戦争遂行が困難になること、ソ連とアメリカが軍事的に協力することなど実際の太平洋戦争をかなり正確に予測した。しかしながら、研究所という性格もあり、この予測が実際の政治的意思決定に何ら影響を及ぼさなかった。著名な思想家である安岡正篤氏は、「飯村穣将軍は日本現の武人中恐らく唯一の名将というべき人であろう」( 上法快男『現代の防衛と政略』1973年)と述べている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA