判断力思考(3)

■状況判断と情勢判断

 筆者が防衛省の情報分析官に就任するようになってからは「状況判断」という言葉よりも「情勢判断」という言葉の方がよく耳にしたり、目に入ってくるようになりました。さまざまな国際情勢に関する著書を読むと、情報分析、情勢判断という二つの言葉が目に入ってきます。そこで状況判断と情勢判断について考察してみます。

 状況は「周囲の状況」「その時の状況」といった使い方が一般的です。他方、情勢は「国際情勢」「当時の情勢」「将来の情勢」などといった使い方が多いような気がします。とはいえ、状況と情勢に明確な境界線があるわけできなく、時間的、地理空間的の大小で感覚的に区分して使用しているのが実感です。

 時間で見た場合、状況判断には「咄嗟」や「瞬時」の判断がより強く求められ、情勢判断には「周到」や「正確」が求められるように感じます。つまり、状況判断はスピード重視、情勢判断を正確性重視という特性があります。

 他方、地理空間で見た場合、状況判断は「周囲」や「身の回り」といった個別的、具体的、詳細的な判断が求められます。一方の情勢判断には国際情勢などのような広範的、多角的、重層的な判断が求められます。

 また、これまで述べてきたように、状況判断は決断(決心)と一体的に用いらますが、国際情勢と決断との間にはやや距離間があるように感じます。国際情勢などの情勢判断は国家の情報組織が行い、それに基づいて政策者が政策を決断します。情勢判断の側は政策に立ち入らない、政策者は自己の好きな政策に判断を強要しないという原則があります。つまり、情勢判断の客観性を保持します。これをインテリジェンスの政治化を防止すると言っています。

他方、状況判断の方は、戦場においては指揮官が自ら状況判断を行い、すぐに決心(決断)を行うことが多々あります。つまり、状況判断は主体的であり、情勢判断は客観的であると言えるかもしれません。

■戦略判断と戦術判断 

 判断についてもう少し、戦略と戦術という視点から考察します。諸外国の軍隊や自衛隊には戦略、戦術という言葉があります。それぞれ戦略判断(戦略的意思決定)、戦術判断(戦術的意思決定)という言葉もよく使われます。戦略判断が情勢判断、戦術判断が状況判断に相当すると考えればよいと思います。

 そこで、状況判断と情勢判断の理解を深めるために、戦略と戦術の関係について見ておきましょう。

 戦略と戦術は、わが国では旧陸海軍時代からの軍事用語ですが、今日は政治やビジネスなどでも広く使われています。軍事用語としての戦略は「大規模な軍事行動を行うための計画や運用方法」、戦術とは「戦略の枠内での個々の戦闘を行うための計画や遂行方法」などと定義されています。このように戦略と戦術は相互に対比される概念であって、戦略が上位、戦術が下位になります。

 今日、戦略も戦術も共にビジネスなどの多領域に浸透していることから、軍事でも一般でも通用する、より本質的な概念を探る努力がなされています。

それに関して、私は次のように定義しています。戦略は「環境条件の変化に対応して物事がいかにあるべきかを決定する学(サイエンス)術(アート)である」、戦術は「固定的な状況から物事をいかに為すべきかを決定する学と術である」(拙著『戦略的インテリジェンス入門』)

一般のビジネス書では、戦略は「企業目的や経営目標を達成するためのシナリオ」などと定義され、「目的、目標、ゴール、方針」などといった言葉で表現されます。一方の戦術は「戦略を実現させるための具体的な手段」と定義され、「方法、やり方、オペレーション」などといった言葉が良く使われています。

要するに、戦略とは「目的(Why)や目標(What)を決定する」ものであって、戦術は「目的や目標のやり方(How to)を決定するもの」と理解すれば良いでしょう。翻って、戦術判断(状況判断)は「目的や目標が決定(固定)している状況下で、瞬間的あるいは短期間の内にどのやり方が良いかを判断する」、一方の戦略判断(情勢判断)は「じっくりと時間をかけて目的や目標という進むべき方向性を判断する」ということなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA