上田篤盛の本

戦略的インテリジェンス入門

内容紹介

日本の周辺環境が厳しさを増すなか、国防の万全を期すためにはインテリジェンスの強化が欠かせない。
そのためには情報分析官の能力向上が不可欠である。30年以上にわたり防衛省および陸上自衛隊で情報分析官などとして第一線で勤務した著者が、インテリジェンスの分析手法を具体的な事例をあげながらわかりやすく紹介。
インテリジェンスの作成から諜報、カウンターインテリジェンス、秘密工作、諸外国の情報機関等々、情報分析の基礎知識を網羅。
専門家だけでなく一般読者にとっても「インテリジェンス・リテラシー」向上の書として最適!

中国が仕掛けるインテリジェンス戦争

内容紹介

中国は伝統的に「戦わずして勝つ」ことを最善としている。 直接的な対決を避け、インテリジェンスによって優位な態勢を築くというものである。 中国情報機関は国際世論を巧みに誘導し、日本を含む敵対国家の反戦気運を醸成し、重要人物を意のままに操るなどの秘密工作を行なっている。 日本が中国によるインテリジェンス戦争に飲み込まれないためには、中国悪玉論を振り回すだけでは解決しない。 中国が仕掛けるインテリジェンス戦争を正々堂々と受け止める覚悟が必要である。 情報分析のプロが中国の対日インテリジェンス戦争の実像を戦略的思考により読み説く!

中国戦略悪の教科書 (『兵法三十六計』で読み解く対日工作) 

内容紹介

恐るべし! 中国兵法
2013年1月、中国軍艦が海自護衛艦に射撃用レーダーを照射した。
日本側の抗議に対して、中国の報道官は「照射したのは監視用レーダーで、日本側の『無中生有』だ」と開き直った。
「無中生有」とは「無から有を生じる」「でっち上げ」の意味で、これは『兵法三十六計』の第七計にあたる。
このように中国は今も日常的に「兵法」を用いている。
欧米の情報機関も「中国指導者が兵法を現代の戦略・作戦に採り入れている」として研究しているほどだ。

中国の攻勢から日本を守るには、中国の伝統的な思考形態となっている兵法を理解することが欠かせない。
防衛省情報分析官として長く中国軍事を研究した著者が『兵法三十六計』の現代的意味をインテリジェンスの視点から読み解く。
中国の戦略が手に取るようにわかり、次の狙いがみえてくる

情報戦と女性スパイ

内容紹介

インテリジェンスの戦いには平時も有事もなく、水面下では血で血を洗うスパイ合戦がいまも繰り広げられている。
2018年3月にはイギリス南西部に住むロシアの元スパイと娘が何者かに毒殺されかけた。
情報戦は男性だけの世界ではない。女性でなくてはやれないこと、女性であることを利用すれば有利なこともある。時には要人暗殺に従事した女性スパイもいる。
ナチス・ゲシュタポによる厳しい拷問で口を割る男性スパイが続出するなか、最後まで秘密を守り、殉職した女性スパイも大勢いた。
さらに米国では初のCIA女性長官が誕生した。第1次世界大戦から冷戦期に至る重大スパイ事件と、それに関わった女性スパイたちの活躍に迫る。
スパイ人名録、情報機関の実態、スパイ用語、スパイ教訓集、情報戦史年表なども網羅したスパイ事典!

CIA極秘マニュアル「HEAD」

内容紹介

この本は、私が巻末解説を書きました。内容は少々難解ですが、効率的な分析手法を教えてくれる良書です。

武器になる情報分析力

内容紹介

予測不能な時代を勝ち抜くには自前の「情報分析力」が欠かせない──防衛省情報分析官として国家安全保障の情報分析に携わってきた著者が、プロも活用する情報分析の手法をわかりやすく解説。ここで紹介されている「フレームワーク」「マトリクス」「クロノロジー」「競合仮説分析」「階層ツリー分析」などの手法はそのままビジネスに応用できる。情報分析失敗の原因となる各種の「バイアス」についても詳述。この一冊でインテリジェンスの基礎知識と技法が身につく!

未来予測入門

内容紹介

「仕事ができる人、少し先を読むことができる人は、知らず知らずのうちに、未来予測のテクニックの一部を使って、思考・分析を繰り返しているのである」(著者)n 自分の周辺の未来、自分が予測する業界の今後を可能なかぎり正確に予測する技術――。 世界の情報機関がごく普通に使っている思考法・分析手法を駆使することで、「未来予測」はぐっと身近なものになる! 質問の再設定、アウトサイドイン思考、フレームワーク分席、クロノロジー&マトリックス、シナリオ・プランニング…… 安全保障の最前線で磨かれた機密メソッドを、一般向けに改良、とうとう実現させた驚きの技法を初公開。